記事一覧

X線アートを描くストリートアーティストSHOK-1

バリー(Bally)は、イギリス人のストリートアーティストSHOK-1とタッグを組み、バリー銀座店で展覧会「Bally presents SHOK-1 “STREET X-RAYS” EXHIBITION」を開催。また、SHOK-1の代表的アートを落とし込んだ限定コレクションを発売する。

SHOK-1は、世界中の壁にスプレーでX線アートを描くストリートアーティスト。絶妙に重なり合う繊細なディテールを、テープやステンシルを使うことなくフリーハンドで描き、ストリートカルチャーに新たなアートムーブメントの礎を築いた。応用科学の学位をもつ科学者でもある彼が描く作品は、生き物の活動的な状態、またある時は病的な状態を分析するという困難な題材をもリアルに感じさせる。
バリー銀座店で展覧会を開催

“Street X-Rays”と題された展覧会では、ロンドンを中心に彼がストリートアートを描いた地の作品が展示される。SHOK-1の作品の中でも特に有名な、人間の骨盤が描かれた「Elvis」、 ハンドジェスチャーを描いた「Shaka」、穴のある胸郭の骨格を描いた「Stolen Heart」などを展示している。

展示作品についてSHOK-1は、「展示される全ての作品は21世紀における健康的な、もしくは病的な状態を表現した。」と述べている。

スチールブルーの配色を落とし込んだスニーカー

KITH(キス)を手掛けるフットウェアデザイナーのロニー・ファイグ(Ronnie Fieg)と、ニューバランス(New Balance)のコラボレーションによるスニーカーカプセルコレクション「1300CL カプセル」が登場。2020年8月28日(金)より、レイヤード ミヤシタパークのKITH 東京にて販売される。

これまでにも度々タッグを組んできたロニー・ファイグとニューバランス。今回の「1300CL カプセル」では、ニューバランスのアイコンであり、ロニー・ファイグのお気に入りでもあるスチールブルーの「CL」カラーブロッキングを落とし込んだ「RC1300」と、その反転カラーを取り入れた「Made in USA 1300」の2種類を取り揃える。

スチールブルーの「RC1300」

「RC1300」は、クラシカルな「CL」カラーブロッキングを採用したメッシュ&ピッグスキンスエードのアッパーが特徴。アッパーは1300のオリジナルデザインを踏襲しつつ、ソールには新たに考案された「ENCAP Reveal」ユニットを取り入れることで、モダンにアップデートしている。アウトソールもビブラム製にアップグレード。グリップ力を高めると共に、タフな見た目と快適な履き心地を実現させた。

“反転”スチールブルーの「Made in USA 」

「Made in USA 1300」はオリジナルの重要な要素を残しつつ、アッパーにCLカラーブロッキングを反転させた配色を取り入れることで再構築。メッシュパネルやピッグスキンスエードなどから成るアッパーに、リフレクティブなNロゴを配し、クラシックな「1300 ENCAP」ユニットを備えたソールを組み合わせた。

オクト フィニッシモ パーペチュアル カレンダー


ブルガリ(BVLGARI)の腕時計「オクト フィニッシモ パーペチュアル カレンダー」は、“世界最薄”を誇るウォッチ。厚さ2.75mmほどに小型化したキャリバーによってスペースを最大限に活用。また、時針、分針をはじめ、日、曜日、月のレトログラード表示など、永久カレンダーのすべての機能を改良。うるう年の例外である2100年2月までは、日付を修正することなく時間を確認することができる。

ワイアード エフ(WIRED f)


文字盤にピンクのスワロフスキーが埋め込まれていたり、ガラスにリボンが刻まれていたり、そんなガーリーなデザインが好評です♪

GA-2000HC


スポーティなアナログ針とデジタル表示が特徴の「GA-2000HC」は、カーボンのケースをマットスケルトン樹脂で覆い、中のパーツが見える特殊な仕様に。半透明の樹脂バンドを組み合わせ、クールな印象に仕上げている。