記事一覧

ナイキ「エア マックス フュリオサ」

ナイキ(NIKE)「エアマックス(AIR MAX)」の新作スニーカー「エア マックス フュリオサ(AIR MAX FURYOSA)」が誕生。2021年6月4日(金)よりスニーカーセレクトショップのアトモス(atmos)、アトモス ピンクほかで発売される。

“ずらして重ねた”ボリュームソール「エア マックス フュリオサ」

ナイキの人気スニーカー「エアマックス」の新作は、90年代のランニングシューズを着想源にした“ちょっぴりレトナなデザイン”の「エア マックス フュリオサ」だ。スポーツブランドならではの快適な履き心地と、デイリーウェアにもマッチするデザイン性を兼ね備えたモデルで、ボリューム感のあるソールが印象的だ。

サイドからみると“ずらして重ねた”2種類のソールがしっかりと確認でき、遊び心をくすぐる。アッパーには異なる素材をミックスさせ、ホワイト&ブラックのコントラストを効かせた配色でグラフィカルに仕上げた。

トゥからヒールまで伸びたリボン風のストラップも印象的で、シュータンには厚めのパットを取り入れることで肌当たりを優しくした。

サイズは22.5cmから29.0cmまで揃えた幅広いラインナップ。カップルや家族でペアコーディネートを楽しむのもおすすめだ。

関連記事:http://toramasa.top/

アトモス ピンク×プーマの厚底スニーカー

プーマ(PUMA)とアトモス ピンク(atmos pink)のコラボレーションによる「スウェード マユ(SUEDE MAYU)」スニーカーが、2021年8月20日(金)に発売される。
スニーカー スーパーコピー
“ウシ柄”をのせた「スウェード マユ」

第1弾の「メイズ(MAYZE)」に続いて、プーマとアトモス ピンクが再びコラボレーション。今回は、プーマの代表的スニーカー「プーマ スウェード」に厚底ソールを組み合わせた「スウェード マユ」をベースに、“ウシ柄”をアッパー全体に施したモデルを用意した。


インパクトのあるウシ柄が厚底フォルムを引き立てる、存在感ある1足に仕上げている。

関連記事:http://engraved.top/

ニューバランス「57/40」

ニューバランス(New Balance)のスニーカー「57/40」から新色“ディケイズ クラッシュ(Decades Clash)”が登場。2021年8月14日(土)より、一部のニューバランスオフィシャルストアなどで発売される。

80年代に誕生したオフロードシューズ「576」のDNAを引き継ぐ「574」と、90年代のウェービーなデザインから得たインスピレーションを組み合わせ、現代的にモディファイしたニューバランスの次世代スニーカー「57/40」。

スエード・ヌバック・メッシュ素材を切り替えたアッパー、2層のボリュームソール、オーバーサイズのNロゴなどのモダンな要素を取り入れつつも、どこかクラシカルな雰囲気は絶妙に残したバランス感覚が魅力の一足だ。

過去の名品をモチーフにした新色“ディケイズ クラッシュ”

今回新たにラインナップに加わる、“ディケイズ クラッシュ”と名付けられた新色は、ブランドが誇るランニングシューズの名品から着想を得たカラー。グレー/ブルーの「DD1」は「M1300」「M900」「ML600」、ブルー/オレンジの「DC1」は「Supercomp」「M320」「ML574」をそれぞれモチーフにしたカラーを巧みに組み合わせ、印象的な配色の一足に仕上げている。

関連記事:http://www.cspg.jp/wp-includes/fonts/diary.cgi

ナイキ×アンディフィーテッド

ナイキ(NIKE)とアンディフィーテッド(UNDEFEATED)によるコラボレーションシューズが、2021年8月7日(土)よりアンディフィーテッド各店などで発売される。

「DUNK vs AF 1」第2弾は“スネークパターン”にフォーカス
アンディフィーテッド(UNDEFEATED), ナイキ(NIKE) エア フォース 1|写真12
2021年6月に登場した「DUNK vs AF 1」の第2弾となる今回は、前回に引き続き、過去に展開されたコラボレーションモデルのカラーリングを大胆に入れ替えた「ナイキ エアフォース 1」「ナイキ ダンク」が登場。カラーに加え、当時のモデルの特徴となった“スネークパターン”も踏襲されている。

「ナイキ エア フォース 1」は、「ナイキ ダンク」同様、エディ・クルーズが2009年にデザインしたレッドの「ナイキ ダンク ハイ」がモチーフ。オフホワイトとグレーを基調に、レッドのスネークパターンをヒールに、ブルーのスネークパターンをスウッシュに施した。

アンディフィーテッド(UNDEFEATED), ナイキ(NIKE) エア フォース 1|写真5
「ナイキ ダンク」は、アンディフィーテッド設立者であるエディ・クルーズ(Eddie Cruz)が、2009年にデザインしたブルーの「ナイキ エア フォース 1」から着想。ブルーをベースに、キャンバス素材のサイドパネルにパープルを配色した。アイステイからトゥにかけては、ブルーのスネークパターンを採用している。

また、両モデルともに、アンディフィーテッドを象徴するロゴがヒール部分に落とし込まれている